Logo

Bangkok Hospital

タイ国内外に46病院を有する東南アジア最大級の病院グループ

Bangkok Hospital イメージ画像

メンタルヘルス

 双極性障害とは気分が落ち込むうつ状態と究極に活発な躁状態が繰り返し入れ替わる病気です。それぞれの状態は何週間~何ヶ月間か続き別の状態に入れ替わります。それの間に普通の状態があることもあります。双極性障害患者はうつの症状で自身がうつ病だと思い病院にくるこ
『双極性障害の治療』の画像

精神科リハビリテーション バンコクメンタルヘルツセンターは、経験豊富な専門家による心理療法、ファミリーセラピー、結婚カウンセリングといった様々なサービスを提供しております。各患者の目的や個性に合わせてデザインされたたくさんのアクティビティは、楽しく学び、
『精神患者のためのリハビリテーション』の画像

自身が“認知症”だと気付かずかないため病院で正しい治療を受けず、医者の元へ来た頃には治療が困難な状態までに放置してしまうケースが多く見られます。現在、痛みなしで迅速かつ正確に認知症を診断する技術があります。バンコク病院の脳神経科医であるヨーティン・シンワ
『“認知症”を90%以上正確に診断する新技術』の画像

双極性障害は気分障害に分類される病気で、うつ状態(うつ病エピソード)と躁状態(躁病エピソード)の全く異なる状態を循環する精神障害です。双極性障害の原因はまだ解明ず、遺伝子や脳内物質、病気や疾患が要因であるといわれております。また、発症率は人口の1~2%程度
『双極性障害』の画像

神経伝達物質とは情報を授受するために脳細胞と脳細胞の間を行き交う化学物質のことです。この神経伝達物質のバランスが崩れると様々な影響を及ぼします。以下の神経伝達物質がうつ病の鍵を握る重要な化学物質です。* アセチルコリン(Acetylcholine)* セロトニン(Seroto
『神経伝達物質とうつ病』の画像

↑このページのトップヘ

Copyright, NECOS (Thailand) Co., Ltd., Inc. All Rights Reserved. newsclip.asiaに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
สงวนลิขสิทธิ์ตามพระราชบัญญัติลิขสิทธิ์ พ.ศ.2537 (ปี 1994)