626e06937eb71e3c8f37a9e542a8e159


 年齢を重ねていくと共に体も衰えていきます。最も大事な内臓の一つである脳も同じです。しかし老化以外にも、激しい肉体労働、極度なストレス、睡眠不足は脳疲労の原因になります。脳が疲労することにろより、記憶力や脳機能が低下し、脳の衰えがより早く進行します。さらにアルツハイマー、若年性アルツハイマー、パーキング病などの脳や神経の病気に繋がることもありますので、と手遅れになる前に今日から脳を大切にしましょう。


脳の霧 ブレイン・フォグ・シンドローム

 ブレイン・フォグ・シンドロームは、脳がストレスで疲労状態に陥り脳機能が低下し、集中力が落ちたり、いくら休んでも疲れが取れなかったり、思考停止したりする状態のことです。長時間パソコン仕事、寝不足、過剰ストレスなどで、脳内物質のバランスが崩れうまく電気信号が送れないことが主な原因です。ブレイン・フォグ・シンドロームの頻度が多かったり長く続いたりすると、糖尿病、肥満、生理不順などを引き起こします。


脳疲労の原因

  • パソコンや携帯電話からの電磁波によ脳内の神経伝達物質の分泌の妨害
  • ストレスによる脳内の血流悪化(記憶力の低下や混乱を引き起こす)
  • 夜更かし、寝不足、運動不足
  • 栄養不足(アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど)
  • 体内にたまった毒素(農薬、排気ガス、化学薬品、重金属、など)

 
brain-fog-syndrome-insert-1


 脳疲労の症状

  • 不眠
  • 慢性頭痛
  • 目の疲れ
  • 以前のようにうまく問題を解決できない
  • 気分のゆれが激しい
  • イライラ
  • 集中力や思考力が低下した
  • 短期記憶力が低下した
  • よく仕事を休むようになった
  • 体がすっきりしない 

脳疲労の改善

 脳の疲労を取るために生活習慣や行動を全面的に変える必要があります。食事、運動、精神、毒素の排出を以下の様に直していきましょう。

  • テレビ、スマートフォン、パソコンなどの電気製品の制限をする。必要な場合はできるだけ休憩を挟むようにする。
  • ポジティブに考える。
  • 脳にいい食べ物を積極的に摂る。
  • 7~8時間の十分な睡眠を取る。12時前に寝る。可能であれば夜10時に寝る。
  • 定期的に運動をする。
  • アルコール飲料や喫煙を控える。また睡眠の邪魔になるため夕方以降はカフェインを控える。
  • リラックスのために自然に触れる。 
brain-fog-syndrome-insert-2


脳にいい食べ物

 脳にいい栄養素を取り入れることは、脳の健康状態を保つためのもっとも大事なことの一つです。魚油、イチョウ葉エキス、酒石酸コリン、イノシトール、大豆レシチン、Lテアニン、ホスファチジルセリン、Lカルニチン、 ガンマオリザノール 、ビタミンA、B、C、Eなどが多く含まれる食べ物やサプリメントを取ることで脳の健康はもちろん、脳の老化防止、記憶力改善、精神安定、ストレス減少などの効果が期待できます。


brain-fog-syndrome-insert-3