3bc6643f6bce4f9a72643941c1c1cd35

 脂肪肝とは肝臓に脂肪が満タンに溜まった状態の病気です。体内にある余分糖質を中性脂肪に分解し肝細胞に貯蔵される場合がほとんどです。


 通常、血糖値はすい臓が分泌するインスリンによって調節されています。血糖値が上がるとインスリンが分泌され、インスリンは全身の臓器や筋肉の細胞にブドウ糖を取り入れて使わせます。

 ですが、インスリン抵抗性があると、臓器のインスリン感受性が低下し、血糖値を下げるためにより多くインスリンを分泌しなければなりません。インスリン抵抗性は、悪い生活習慣、遺伝子、糖質や脂肪分の過剰摂取によるものですが、インスリン抵抗性が高まる、肝臓に蓄積する脂肪も高まります。

 現代販売されいる食品や飲料によく含まれている異性化糖(高果糖コーンシロップ)は、脂肪肝をもたらす最大の原因の危険な糖質です。


脂肪肝の検査法


1. 肝機能検査―血清成分を分析し肝臓の機能を調べ、血糖値や血清脂質が通常より高い場合は
  脂肪肝の可能性有

2. 超音波検査―肝臓が大きく白い場合は脂肪肝の可能性有
3. 
Dexaスキャンー肝臓脂肪沈着を調べる
4. フィブロスキャンー肝臓の硬度を調べる

 

脂肪肝の予防法


・ 定期的に運動をする。
・ アルコール飲料を控える。
・ 食事に量と質を重視した減量をする。
・ 脂質や糖質の高い食べ物を控える。しかし、脂肪分は体に必要なので、魚肉、アボカド、
  オリーブオイルなどから取れる良質の脂肪分を選ぶようにしましょう。

・ 生野菜、果物、ナッツなどの食べ物を積極的に取る。特にブロッコリー、キャベツ、にんにく、
  たまねぎの野菜達はデトックス効果が高いため肝臓の毒素を排出する手伝いしてくれます。

・ 毒素排出を手伝うハーブやサプリメントを取る。(a-リポ酸、N-アセチル-L-システイン、
  マリアアザミ
など
・ 損傷した肝細胞の修復を手伝うビタミンBやマグネシウムを取る。