ソムサラン・ワッタナチョート医師 眼科専門医・眼科医長

Dr. Somsran Watanachote

Bangkok Lasik Center Bangkok Hospital Medical Center

Dr. Somsran Watanachote

 

 医者になって欲しいという両親の希望で医療の道を歩み、日本の文部省の奨学金で千葉大学医学部に留学し、1974年(昭和49年)に卒業して日本の医師免許を取得。聖路加国際病院で1年研修、眼科でトップの成績を修める。

 タイに帰国し国立マヒドン大学附属シリラート病院のインターン生となり、熱帯病などを学ぶ。その後国立マヒドン大学附属で眼科を3年間学び、眼科専門医の免許を取得。後に小児病院に1年間勤める。日本に再び渡り、東北大学病院で3年間、うち2年間は福島共立病院に勤務にて、網膜専門の医局員に。

 タイに戻って国立ラチャウィティ病院に10年ほど勤め、網膜専門の部長となる。バンコク病院に移って眼科センターを開設。医師1人で始めた同センターは今や医師30人以上に。現在眼科医長。

 その他、ラチャウィティ病院の研修医と共に「People Eye Care Foundation」という医療基金チームを結成、タイ各地を回って無料で眼科医療を続ける。基金活動はすでに20年が過ぎ、今ではラオスやカンボジアなど外国でも活躍。特にミャンマーでは毎年、マンダレーにある僧侶専用の眼科専門病院を3~4回訪れ、活動を行っている。


ーー緑内障とは?

 緑内障とは視神経の病気で、高眼圧または低眼圧、視野狭窄(きょうさ)、視神経線維層の欠損の三つを条件として診断されます。人間の視神経線維層には通常、約150万~200万の線維がありますが、この視神経線維層の欠損によって、視野がどんどん狭くなっていき、放置すると失明に至ることがあります。

 欠損の原因は正確に解明されていませんが、高眼圧または低眼圧によって血流が悪化し、栄養が視神経線維に十分に行き渡らなくなって房水の流れが悪くなることが原因の一つではないかと考えられています。欠損した視神経線維は再生されないため、治療では眼圧を通常に保ち、血液や房水の流れを改善をして緑内障の進行を止めることしかできません。つまり、失った視野は元には戻らないため、早期の発見と治療がとても大事になります。

 

ーー緑内障の治療法は?

 先のとおり、失った視神経線維は再生されません。視野は回復しないということです。そのため治療は、欠損の進行を止めることを前提として行われます。目薬を使った治療法を基本とし、眼圧を下げて血液や房水の流れを促します。ただ、目薬で眼圧が下がらなかった場合には手術が必要となります。また、治療を止めてしまうと緑内障はさらに進行します。治療を続けることが必須です。

 

ーー白内障とは?

 白内障とは水晶体(眼内レンズ)が黄ばんだり濁ったり硬くなったりすることによって発症する病気です。全世界で一番多く見られる目の病気で、主な原因は加齢です。治療は、水晶体を膜から取り出し代わりに人口眼内レンズを入れる手術が一般的です。

 この手術は約30
分という短時間で成功率も高いことで知られています。当院の眼科センターでは、種類豊富な人口眼内レンズを提供。患者様の多種多様な生活パターンに合わせた人口眼内レンズをお選びいただけます。

 

ーーバンコク病院での眼球検査は?

 バンコク病院眼科センターで、視野検査、眼圧検査、視神経線維数検査などといった検診を受けることができます。眼球に触れることなく眼圧を測ることが可能な風力使用の空気眼圧計、視神経線維の数を調べる検査機といった安全かつ正確な最先端医療機器が完備しています。

 

ーーどのような人が受診にくるべきか?

 緑内障も白内障も加齢に伴って有病率が上がっていきますので、40歳を過ぎた方は最低、年に一回、目の検診を受けることをお勧めします。日本人に多く見られる正常眼圧緑内障は、高眼圧緑内障と違って眼球に痛みを感じるなどの症状がほとんどありません。目に不調を感じない方でも検診だけは受けるべきです。

 糖尿病患者、普段からステロイドが含まれている商品や薬の利用、パソコンやスマートフォンのスクリーンを長時間眺めている方も、有病率が高いので気を付けましょう。

 

ーーバンコク・レーシック・センターで「レーシック・スマイル」について

  近視、遠視、乱視の矯正に有効であるレーシック治療ですが、当バンコク・レーシック・センターでは、今期最先端のレーシック・スマイルが受けられます。レーシック・スマイル治療は、以前のレーシック治療法よりも、傷口が非常に小さく、痛みも感じないうえに、成功率も高い治療法です。ここ約5年間一番人気なレーシック治療法なので、レーシックを考えている方にお勧めです。