悪化するまで気付かれにくい「子宮腺筋症」

d2add6ef5b8058c011f6bc776f27de1b


 子宮腺筋症は、過多月経や生理不順など症状が似ていることから子宮筋腫と勘違いされやすいですが、子宮腺筋症と子宮筋腫は異なります。子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍である一方、子宮腺筋症は子宮内膜の細胞が子宮筋層に増殖する病気です。子宮筋腫と非常に似ているため判別がつきにくく、症状が出ない場合もあるので精密検査が必要になります。


子宮腺筋症について


 子宮の肥大化は主に子宮腺筋症、子宮筋腫、産婦人科がんなどの疾患が原因ですが、最も原因となっているのは子宮腺筋症です。子宮腺筋症は子宮内膜の細胞が子宮筋層に入り込んで増殖することで子宮筋層炎が慢性化し子宮の一部、または全体が厚く大きく腫れあがります。これにより生理通、生理不順などの症状が発症します。

 子宮腺筋症の明確な原因が解明されておらず、遺伝子や過去の子宮手術が要因となっております。また、女性ホルモンエストロゲンの分泌に左右される疾患でもあるため、閉経または子宮を切除された場合は子宮腺筋症を発症することはありません。

症状


 症状は人によって異なります。また、症状が現れない場合もあります。

  • 過多月経
  • 強い月経痛
  • コアグラが大きいまたは頻繁に排泄される
  • 骨盤痛
  • 腹部膨満
  • 性交痛

 その他の症状として、背中の痛み、腰痛、お腹がつる、不正出血、不妊症なども見られます。また子宮の拡張で小腸や膀胱が圧迫されるため鼓腸や便秘、頻尿になることもあります。

 

woman-beware-adenomyosis-insert-01


診断法


 子宮腺筋症の主な診断法は以下のようになります。

  • 問診
  • 婦人科の骨盤内診察
  • 膣や肛門の超音波検査(性交渉未経験の場合)
  • 骨盤腔MRI検査(病気の特定や重症度のため)

治療法

 治療は主に薬物療法と手術療法の二つで、症状、重症度、年齢など様々などな条件によって異なり患者様にとってのベストな治療法が選択されます。

  • 薬物療法
 対症療法ーポンタール(Ponstan)やイブプロフェ(Ibuprofen)などの抗炎症薬を服用し炎症や痛みを和らぐため。ホルモン療法ー低用量経口避妊薬(ピル)服用で経血量や月経痛の減少や子宮内膜細胞の増殖スピードを遅らせる効果が得られます。

  • 手術療法

 病気がひどく進行してしまった場合に使う治療法です。現在の子宮腺筋症手術は傷口5~10ミリの最小侵襲手術が主流となります。この手術法は開腹する必要がなく、合併症や感染のリスクも低いといえます。また、回復も早いため1週間以内に退院が可能な効果的な手術です。

 

woman-beware-adenomyosis-insert-02


予防法


 先に述べたとおり、子宮腺筋症の原因は解明されていませんので、健康的な体重維持、生理中の異常に気づくことや毎年の婦人科検査を受診することがとても大切です。


正常な生理の目安

  • 一日80cc以内の月経量
  • 最初の3三日間のみ月経量が多目
  • 出血持続日数が7日間以内
  • コアグラの大きさが豆粒程度

子宮腺筋症にかかった女性の多くが重度になるまで気づかない方が多いため、身体の異常に気づく受検を怠らないことが大切です。