42fb981f4ee2a590b587fe794933f2d4

 アレルギー性結膜炎の症状である目のかゆみや腫れは服薬や目薬で症状が治まるため、危険な病気ではないと軽視してしまう方は多いでしょう。しかし、長期的に正しい治療を受けなければ、目の異常を引き起こす原因となります。

アレルギー性結膜炎について

 アレルギ性結膜炎とは、特定の抗原に対して免疫反応が過剰に反応し結膜が炎症することです。主な原因は以下の三つになります。

  • 季節性:特定の季節や期間に発生する、花粉や微生物などの空中アレルゲンによって発症するアレルギー性結膜炎です。症状は、その日の天候や時間帯などによって変わります。

  • 通年性:1年中通して起こり、原因はホコリやゴミ、食べ物、花粉、柔軟剤、化粧品、動物などさまざまです。

  • コンタクトレンズ:コンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎は、結膜にぶつぶつした出来物が見られる場合が多く、診断するには結膜を直立顕微鏡で調べる必要があります。

症状

  • かゆみ
  • ゴロゴロする
  • 涙が出る
  • 充血
  • 羞明(光による目の痛みや不快感)

 

診断法


 アレルギー性結膜炎の診断をする際、眼科医は患者のアレルギー症状や結膜の損傷を中心に判断します。症状の強さは炎症の程度で決まり、炎症が強いければ強いほど結膜が赤みを増します。炎症によるぶつぶつした出来物が角膜 (いわゆる黒目)に接触し、角膜が傷ついてしまうこともあります。さらに角膜が炎症を引き起こしてしまうと治療はより大変になり、失明してしまう危険性もあります。

 

治療法

 アレルギー性結膜炎の正しい治療をするには、眼科医は明確な原因を突き止める必要があります。主な治療内容は以下のようになります。

アレルゲンを避ける

  • 治療で一番大切なことはアレルギーの原因をなる特定の抗原 (アレルゲン)を避けることです。アレルギー反応を予防して症状を減らします。アレルギーの原因が分らないと避けることができないので医師の元でアレルギー検査を受検しましょう。
  • 外用薬:症状を抑え、合併症を予防するために目薬が処方されます。処方される目薬はステロイド入りとステロイドなしの二種類があります。ステロイド入りの目薬は症状を抑えるのに一番効果的なのですが、長期的に点眼すると緑内障などの合併症を引き起こす危険性があります。ステロイドなしの目薬はステロイド入りのものより症状を抑える力は弱いですが、合併症の恐れなく長期的に点眼できる上、結膜を強くしアレルギーに強くなります。

 

悪化させない


 結膜が炎症してしまった場合アレルゲンを避けることが一番大切ですが、悪化させないために目が乾くことを防ぎましょう。目が乾いている状態で炎症するとかゆみが増すため手で掻いてしまい角膜が傷つき炎症が悪化してしまう恐れがあります。特に小さいは子供はコントロールが難しく、保護者が搔かないように注意する必要があります。